リトミックとは?「音感」「リズム感」「運動能力」

リトミックレッスンとは

音楽のへやmuoomでは、リトミックレッスンを行っています。
では、リトミックとはどんなレッスンなのでしょうか?

リトミックは0歳から5歳前後のお子様向けの身体をつかった音楽レッスンです。

ピアノや楽器を演奏するレッスンではなく、先生のピアノに合わせてお歌を歌ったり、身体を動かしたり、お家にあるものを使って楽しくリズム遊びをしたり、お子様が夢中になるレッスンです。

リトミックで身につく能力は、大きく「音感」「リズム感」「運動能力」の3つがあります。

「音感」

「音感」はピアノを使って音を「聴く力」が身についていきます。
聴く力は、人の話を聴くことはもちろん、音や物事を聴いて理解する力、察知力などにも繋がります。これからのどんどん発達する小さなお子様の言語発達にもとても良いとされています。

「リズム感」

「リズム感」はピアノと一緒に身体を動かしたりすることで、「合わせる力」が身につきます。
合わせる力は、周りの誰かと合わせることや、歩くことにも繋がります。言語発達にも身体の成長にも欠かせない感性です。

「運動能力」

「運動能力」はピアノや音楽でたくさん身体を動かすので、脚力や跳躍力、瞬発力などが身につきます。
全体的な身体能力が高まることはもちろん、これからの人生の中で大事な、瞬時に判断する力、臨機応変に対応する力に実際は繋がっていきます。

リトミックをはじめるには

0歳から5歳くらいまでのお子様は、吸収力も抜群です。
この時期に色々見聞きしたものは、すべて脳にもとても良い影響があり、後の成長にもつながっていきます。

ピアノや楽器を弾く、演奏することは大きくなっても大人になってもはじめることはできます。しかし耳を育てたり音楽をつけることまたリズム感を養うには小さい頃に身に着けることが大事です。
特に耳は大人になってからは育ちません。耳はママのおなかの中にいるときからはじめに育つといわれています。語学の発音も音楽の音(音感)も小さいうちに身に着けることが大きくなった時にとても役にたちます。

そして、小さな頃から「できた!」という達成感を味わったり、ママや先生から褒められることで、「自信」にもつながっていきます。

また、何より1番大事なのが、リトミックをしている時の「ママとの時間」です。お子さんの成長はあったいう間です。今しか味わえない時間を大事にお子さんとの時間に一緒に音楽を楽しみましょう。

音楽のやへmuoomのリトミックレッスンでは、基本的には保護者様の付き添いでお願いしています。
ママとたくさん、楽しく笑いながら音楽に触れる遊びをすることで、心も体も豊かに成長します。

楽しリトミックレッスンを、どうぞお楽しみください!

無料体験はこちら